« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2009年12月13日 (日)

里山は豊かだ

かぶら寿しでも作ってみようか、などという気になって作り方を調べると、なんだかとてもややこしく、出来上がるまで3週間もかかるらしい。しかも我が家にはつけ込む樽、重石もなければ、糀を発酵させるための炊飯器もコタツもない。大量のカブをばんばん切る大きな包丁も、実は持ってないの。作ってみようと思った私の意思だけは尊重し、さっさと断念しました。そうしたらタイミング良く「田舎でかぶら寿司を作ろう」といった企画の話を耳にして、これはラッキーと参加してきました。まず、畑で人参とカブを掘ります。周りの畑は、労働力不足で収穫できなかったたくさんの野菜がそのまま土に帰ろうとしています。もったいない反面、豊かなんだなーと感心。その後、農家に集合して脇の用水で野菜を洗います。蛇口をひねらなくても綺麗な水がいつも流れています。里山では当たり前だけどね。

1_2
そして45キロのカブをひたすら剥いて切って塩をしていきます。剥いた皮だけでポリバケツ一杯分の生ゴミが出ましたが、肥料になるからと庭の畑にとポイっと捨てておしまいです。

2
このダイナミックでワイルドな風景は結構ショックでしたね。私は町の暮らしが好きですが、相当小さなスケールで生きてるってことを実感しました。実家は田舎だったけど昭和30年代に開拓された新興住宅地だったので、ご近所さんは土着じゃなかったし、農家って全然縁がなかった。もし子どもの頃にバケツ一杯分の生ゴミを庭に捨てる風景を当たり前に見ていたら、大人になった私は今とどんなふうに違うかな?など考えながら家路につきました。

楽しいかぶら寿司作り、続きは来週の日曜日です。


| | コメント (0)

2009年12月11日 (金)

W60×H30×D20

湯たんぽ熊があまりに可愛いので、いつも抱っこしてあげたーい♡などと言っていると、気が付けばいつも家に居る。これではマズい!脱デフレ!!と、今年一回目の忘年会は、私のリクエストで野々市「田舎小屋」にしました。気を張らず、メニューをあれこれ選ぶ楽しみがあって、とにかくお刺身がどっかーんと出てきて、それで出て来るもの全部が美味しいとはコレ、居酒屋の真髄と思います。平日なのに満席!人気の理由も頷けます。タイトルの数字は本日のトロのサイズ。肉塊ならぬ魚塊です。年末だからといい気になり、白子酢→香箱蟹→鯖ぬた→お刺身盛り→〆鯖→豚バラ串→天婦羅盛り→焼おにぎり→大根デザートと、欲に駆られ放題だ。デフレスパイラルから一歩脱出しましたっ!と胸を張れば、気分良く眠りにつけるかな?熊と一緒に♡
Photo


| | コメント (0)

2009年12月 8日 (火)

映画三昧

相方がお小遣い事情とせめぎ合いながら、ネットで売る古いDVDをチビチビ出してきます。おもしろいモノが次々と出てくるので、私はざっと観賞した後で、売るモノと置いておくモノに分けていく作業に。なのでこのところ、まるで仕事のように映画観てます。ブリキの太鼓なんて約30年ぶりに観た。映画も本も、観るまたは読むタイミングが大事!と改めて思います。かつては別の観点で面白かった映画も、大人になって観ると全然違う方向から観られます。中学生でブリキの太鼓(夜中のテレビでMTV見た後の放映)は教育上良くなかったなーと、我ながら思いましたけど、30年経っても観た感想は実はさほど変わらなかったってのが今回の発見です。やっぱり気持悪かったけど、やっぱり素晴らしく良く出来た映画でした。人はそんなに変われないんだね。

K1


Beads1011img600x6001259120610lsoq2q


214xm7zqz5l_sl160_aa160_


417m0vf93tl_ss500_


213589axxql_sl500_aa130__2


| | コメント (0)

2009年12月 1日 (火)

熊は冷えを救えます!

Photo


| | コメント (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »