出掛ける

2010年2月 4日 (木)

「くもじい」と一緒に空中散歩

http://www.tv-tokyo.co.jp/sorakara/index.html

「空から日本を見てみよう」という番組をご存知でしょうか。グーグルマップみたいに、空撮カメラでひたすら街の上空を飛びながら、屋上ハウスや、トンガったY路物件、植物に覆われたもじゃハウスといった、変な建物を見つけては調査に繰り出します。すっごい地味なんですけど、地図好き、あるいは高い所好きにはたまらない1時間。テレビの前から離れられません!!キャラクターの声だけで人はだれも出てこないし、金沢では木曜の夕方に放送されているので、てっきり子ども向けのNHK教育番組だと思って見ていたら、途中でCMが入ったのでビックリした。テレビ東京系列の、しかも主要都市ではゴールデンタイム枠らしいのです。こんなに地味な番組なのに大丈夫かな。打ち切りになる前に、どうか急いでご覧ください!

| | コメント (12)

2009年12月13日 (日)

里山は豊かだ

かぶら寿しでも作ってみようか、などという気になって作り方を調べると、なんだかとてもややこしく、出来上がるまで3週間もかかるらしい。しかも我が家にはつけ込む樽、重石もなければ、糀を発酵させるための炊飯器もコタツもない。大量のカブをばんばん切る大きな包丁も、実は持ってないの。作ってみようと思った私の意思だけは尊重し、さっさと断念しました。そうしたらタイミング良く「田舎でかぶら寿司を作ろう」といった企画の話を耳にして、これはラッキーと参加してきました。まず、畑で人参とカブを掘ります。周りの畑は、労働力不足で収穫できなかったたくさんの野菜がそのまま土に帰ろうとしています。もったいない反面、豊かなんだなーと感心。その後、農家に集合して脇の用水で野菜を洗います。蛇口をひねらなくても綺麗な水がいつも流れています。里山では当たり前だけどね。

1_2
そして45キロのカブをひたすら剥いて切って塩をしていきます。剥いた皮だけでポリバケツ一杯分の生ゴミが出ましたが、肥料になるからと庭の畑にとポイっと捨てておしまいです。

2
このダイナミックでワイルドな風景は結構ショックでしたね。私は町の暮らしが好きですが、相当小さなスケールで生きてるってことを実感しました。実家は田舎だったけど昭和30年代に開拓された新興住宅地だったので、ご近所さんは土着じゃなかったし、農家って全然縁がなかった。もし子どもの頃にバケツ一杯分の生ゴミを庭に捨てる風景を当たり前に見ていたら、大人になった私は今とどんなふうに違うかな?など考えながら家路につきました。

楽しいかぶら寿司作り、続きは来週の日曜日です。


| | コメント (0)

2009年11月13日 (金)

予習が必要

経営破綻した大型ホテルを一気に買い取って新たなビジネスモデルを展開している、7800円ポッキリの激安ホテルチェーン、湯快リゾートに初挑戦してきました。食事はバイキング食べ放題、施設は勝手に使い放題の、ある意味最高に使い勝手の良い宿でした。片山津という、かつては接待どんちゃんで大枚が飛び交った温泉街も今や廃街寸前。街を散策すると、化石化した店舗が灯火を点すように営業していて哀愁です。宿の向かいにそそられる喫茶兼カラオケ居酒屋を発見しました。とても気になったのですが、なにしろ「らばうる」で、軍旗で、のらくろ隊長で有リマス。おまけにタイガースです。虎も隊長もネコ科でまとめてありますが、愛猫家のハートを掴めるかは謎ですね。タイガースにもかなりビビるんですけど、らばうるのドアを開けるには、太平洋戦争に関する知識が私にはなさ過ぎる!と断念。こちらは宿題として、次回に持ち越すことにしました。

Photo

| | コメント (0)

2009年10月16日 (金)

ミニ子、10歳のお祝いに。

Photo
今日は秋晴れの爽やかな一日だったので、ミニ子のために人生初の洗車場デビュー。マンションの駐車場は水が出ないのでクルマを洗ったことがなく、思えば、こんな所へも時々連れてきてあげればよかったなあと反省。初めての洗車場は1000円でマシンに入れた後は、いろいろ並んでいる洗車道具を勝手に使って好きにしていってちょうだいという楽しい所でした。窓ガラスをびっちり上げてマシンに入れたのに、出てきたら中がびしょびしょ。はあ〜、あんたって何させてもダメなヤツやね。ブツブツ言いながらも、10年に一度のことだからと時間をかけて手洗いしていたら、いろんな所にコケが生えているのも発見しました。花が咲いたらそりゃ可愛いし、うまくいけば近頃ハヤリのトピアリー?と、コケはそのままにしておくことに。その後、ミニマムでオイル交換。真っ黒でしたっ!と整備士さんを驚かせたオイルも、さらさらピカピカ。ついでだから、音が出なくなったまま放ってあったCDプレイヤーを、ROVER純正のカセットデッキ(時代に逆走)に付け替えて、今日のミニ子DAYは終了です。次回は10年後だな。


| | コメント (0)

2009年9月12日 (土)

昼メロ建築巡礼

ご近所に出来た和食屋さんへ、同じくご近所のさとみちゃんと一緒にランチに出掛けました。美味しい御膳を頂きながら、話題は昼メロに良く出て来るお屋敷建築へと。金沢には大型の文化公共施設としての西洋建築はいくつかあるけれど、住宅となると、残念ながらとても少ないです。個人レベルで異国文化を受け入れなかった土地柄なのね。それでも思い出せる何件かのお宅の話で盛り上がってしまい、店を出た後、昼メロ建築巡りに繰り出しました。小さなクルマの中は、縦巻きロール髪のエプロンワンピース姿でそこに暮らす私たち、の妄想でいっぱいになりました。どりーみん♡な昼さがり。

| | コメント (0)

2009年8月14日 (金)

海はヨォ〜海はヨォ〜

Photo
んでっかい海はヨォ〜。3年ぶりにして初ビキニの海です。肌出してもいいんだよって太陽が言ってくれる期間は短いんだから、海へ、今すぐ海へ行きましょう!砂浜に寝そべると、視界には青い空と白い雲。他にはなにもなくて気持よいよい。砂でお家作ってシンクロナイズドして、短い夏を楽しみました。

| | コメント (2)

2009年4月13日 (月)

本気(と書いてマジ)スーパー

Header
というスーパーマーケットが高岡にあります。自然食や地産地消と唱われて久しいですが、こちらのスーパーは、そんな風潮?100年遅いよって鼻息で、もう何十年も前から本当に安全な食品を日本人のために小売りしてきた本気スーパー。日本人のためというのは、食品と並んで「昭和天皇」と題する書籍が売られていることからお察しください。ここには信念(思想)があるのです。一般的なスーパーに並んでいる大手メーカーの商品も、もちろんありますが、自家製お惣菜や、まだ生きている魚、これは!という食品であれば日本全国からどれだけ高くても取り寄せて並べています。金沢の友だちを高岡方面に案内する時には必ず立ち寄る、観光スポット?と言わずとも「今、見るべき名所」です。2〜3割高いです(逆に「のどぐろ」など、都市でブランド化してしまった地物は、ここではビックリするほど安いです、地物ですから)。レジ袋勿論ないです。いたる所に毛筆で書かれたスローガン(「母ちゃんの料理が男を活かす!」といった左系が激怒するヤツ)の張り紙がちょっと怖いです。でも、佐武を愛する高岡市民は大勢いて、私の母もその一人。「佐武なら間違い無いちゃ」が口癖です。http://www.fresh-satake.jp/

| | コメント (0)

2009年4月10日 (金)

夜桜お七

実は桜の花には全く思い入れも何もない私ですが、このところお天気が良く、夜ご飯を食べた後の散歩がとても気持良いので、ふと兼六園まで足をのばしてみました。ただ今、桜の季節の無料開放期間中です。20年も金沢に住みながら夜の兼六園は初めてです。そして、あまりの美しさに言葉を無くしました。池や曲水が鏡になって、桜と夜空が深く深く映り込んでいます。空と同じくらい深く見えるので、橋を渡っているときなど吸い込まれそうになって一瞬怖くもなるのですが、覗き込んでみると、ほんの1メートルくらいのところに砂利底があるのです。でも、空と同じくらい深く見えるのよ。どんながやろね。金沢お薦めスポットがまたひとつ増えました。


20093

| | コメント (2)

2009年3月30日 (月)

20年ぶりの動物園

パスタ屋の帰りに、富山ファミリーパークに寄りました。ここは動物がかなりアバウトに飼育されている、ゆるーい動物園です。大きな囲いの中にヤギやら豚やらひつじやらがダラ〜っと飼われていて、その中に自由に入って遊べます。足元で豚さんがゴロンと昼寝していたり、うっかりしていると後ろからヤギさんにスカートをモグモグかじられたり、ガチョウにつつかれたりします。動物園なんてホントに久しぶりに行きましたけど、とても良かったですね。キリンはとても背が高くて素敵だったし、しっぽまでちゃんと模様がどんどん細かくなって入っていて、それがあまりにも美しくて見とれてしまいました。トラも本当に優雅で怖くて綺麗で、人間なんてトラの前では降参です。参りました。どこでも行ってみると、何かしら知らなかったことに気付くことってたくさんあって、面白いものです。カピバラ「せんたろう」の奥さんの名前が「いくえ」ってもの良かったです。

| | コメント (0)

2009年3月17日 (火)

医者 PART2

イマドキの歯医者で、医者嫌いをすっかり克服した私は、今日は中国四千年の気功整体師さんの所に初挑戦です。ドアを開けるとまずタバコ臭。ホイ三兄弟みたいなおじさん三人。そして流れるテレサテン。あ、ここ、イマドキとはベクトルが完璧に逆...。瞬間気が付いたけど、中国旅行気分でなんだか楽しそうなので、しばらく遊ばせてもらいました。イタイカ?チョットイタイヨー!イタイカ?チョットイタイヨー!を繰り返しているのに全く遠慮無しにガシガシ揉むので、こっも遠慮をやめてトッテモイタイヨー。と声を上げていく。そうだ、中国人とのコミュニケーションに遠慮は禁物。帰り際、アシタコレルカ?アシタコラレナイヨッ!アサッテコレルカ?アサッテモコナイヨッ!と、この頃になるともう、感覚的には日本に居るってことをすっかり忘れていて、1時間半のアジア旅を満喫し、無事日本に帰って参りました。多分もう行かないし、誰にも薦めないけど、実は相当楽しかったです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧